抗酸化レシピ 美肌レシピ

スイカのカプレーゼ

投稿日:

スイカのカプレーゼ

 

夏をイメージする食材といえば「スイカ」っていう方も多いのではないでしょうか?

そのまま食べるという方が多いと思いますが、ちょっとひと手間加えて食べ方を変えてみても楽しいですし、ちょっと新しい味に出会えます!

ということで今回ご紹介するのは、スイカとリコッタチーズを組み合わせたカプレーゼ風です。

スイカとリコッタチーズとレモン汁が組み合わさると・・・新らたなスイカもの魅力発見です!胡椒も欠かせません!

モッツアレラでもやってみましたが、これもまたおいしくできましたよ(^-^)♪

スイカの赤い色素は、強い抗酸化作用があるリコピン。老化やシミを防いで美白・美肌にも役立つ栄養素です。

そして、組み合わせるチーズからは、肌の材料となるタンパク質や、皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンB群、レモンからはビタミンCと、美肌にいいものたっぷりです。

「スイカのカプレーゼ」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • スイカ 正味150g
  • リコッタチーズ 50g
  • ミント 1~2g
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • オリーブオイル 大さじ1/2
  • 塩、こしょう 少々

 

手順

  1. スイカは種と皮を除いて2cm角に切る。
  2. お皿に盛り、リコッタチーズをスプーンですくって適当に散らすように盛り付け、レモン果汁、オリーブオイル、塩、こしょうをふりかけて、ミントを散らして完成。

 

このお料理の美肌ポイント

夏を感じる食材の一つに、スイカがありますね。

スイカの赤い色素はリコピンで、強い抗酸化作用があります。抗酸化作用によって紫外線やストレス等によって生じる活性酸素を除去し、老化やシミを防いで美白・美肌にも役立ってくれます。

スイカはそのまま冷やして食べるだけでも十分おいしいのですが、たまにアレンジレシピもいかがでしょうか?今回はカプレーゼ風のレシピをご紹介します。

カプレーゼといえばトマトとバジル、モッツアレラを組み合わせた赤・緑・白色がきれいな料理ですが、今回はスイカとミント、リコッタチーズを組み合わせました。

スイカにオリーブオイルをかけることで、脂溶性のリコピンの吸収率がUPします。

チーズはリコッタチーズの代わりに、モッツアレラやフェタなどのチーズでもよいでしょう。

チーズは肌の材料となるタンパク質や、皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンB群が摂れ、美肌のためにも役立ってくれる食材です。

種類によっては脂質や塩分が多いチーズもありますが、リコッタやモッツアレラなどさっぱりしたものは低脂質でヘルシーです。

ミントは彩りとしてだけでなく、カロテンやビタミンCなどの栄養素も豊富なので、爽やかな風味を楽しみながら、一緒においしくいただきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.