ハリ&ツヤUPレシピ 美肌レシピ

さばサンド

投稿日:

さばサンド

 

お肌の乾燥が気になる季節ですね。

そんな乾燥肌対策にぴったりの、オメガ3脂肪酸のDHA・EPAがたっぷり摂れる「さば」を使ったサンドイッチです。

良質のタンパク質も摂れるし、サンドイッチならビタミンCも合わせて摂れます。

体内でコラーゲンを作るときに必要な栄養素、タンパク質がビタミンCが摂れる一品ってことです!

「さばサンド」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • バケット 1/2本(120g)
  • 塩さば 半身1枚(120g)
  • 薄力粉 大さじ1(9g)
  • サラダ油 大さじ1(12g)
  • リーフレタス 1枚(20g)
  • 紫玉ねぎ 1/4個(50g)
  • トマト 1/2個(100g)
  • 粒マスタード 小さじ2(10g)
  • バター 小さじ2(8g)
  • お好みでレモン 適量

 

手順

  1. バケットは二等分に分け、横に切れ目を入れる。粒マスタードとバターを混ぜて切れ目に塗る。
  2. さば半分に切り、骨を除いて薄力粉をまぶして熱したフライパンに油をひいて両面を焼く。リーフレタスは手でちぎり、水にさらしてから水気を十分に切る。 紫玉ねぎは薄い輪切りにする。トマトは1cm幅の半月切りにする。
  3. 1のバケットにリーフレタス、紫玉ねぎ、トマト、さばの順で挟んで完成。お好みでレモンを絞る。

 

このお料理の美肌ポイント

美肌に役立つ魚と野菜の栄養素の両方が摂れるサンドイッチです。

さばには乾燥肌と関わりがあるオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれています。

オメガ3系脂肪酸にはDHAやEPAなどがあり健康にも重要なものですが、最近では食生活の変化や魚離れなどにより不足しがちと言われています。

美容と健康のために、魚も積極的に食べたいですね。

さばから摂れる良質なタンパク質は肌のコラーゲンの材料にもなり、ハリやツヤのある肌のためにも役立ちます。

そしてコラーゲンが作られるときにはビタミンCも欠かせません。ビタミンCは野菜や果物から摂ることができますが、熱に弱いので生のまま食べると効率よく摂取できます。

サンドイッチには新鮮な生野菜も一緒に挟んでいただきたいですね。

また、ビタミンCは水溶性なので、レタスを水にさらしすぎないこともポイントです。

塩さばの代わりに生のさばを使ってももちろん大丈夫ですが、塩さばは生さばより日持ちし、骨抜きタイプのものもあって便利です。

魚料理をより手軽に楽しめるので、活用してみてはいかがでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2018 All Rights Reserved.