管理栄養士さんの美肌講座

飲みながらキレイになる?美肌に役立つお酒とおつまみを知ろう!

投稿日:

お酒を飲みながらキレイになれる!?

 

お酒というと美肌にはよくなさそうなイメージがあるかもしれませんが、「酒は百薬の長」という言葉もあるように、適量であれば問題ありません。

お酒やおつまみを工夫すれば美肌に役立てることもできますよ。

今回はそんな美肌にも役立てて欲しいお酒のお話です。

 

お酒と健康と美容の関係

アルコールにはエタノール、メタノール、プロパノールなどがありますが、一般的にお酒として飲まれるのはエタノールです。

このエタノールは体内に入ると胃から約20%、小腸から約80%吸収され、大部分が肝臓で処理されます。

肝臓内でエタノールはアルデヒド→酢酸となり、水と二酸化炭素に分解され、血液により全身をめぐって汗、尿、呼気から外へ排出されます。

 

肝臓の働きは栄養素などの様々な代謝作用、解毒排泄など、非常に重要です。

アルコールにより肝臓に負担がかかると、栄養素の供給が滞り、代謝がスムーズに行われなくなります。

そのため疲れやすくなったり、二日酔いも起こりやすくなったりします。

 

また、アルコールの過剰摂取はビタミンB1の働きや、ビタミンB群、ビタミンCの吸収を阻害すると言われます。

これらの栄養素は健康はもちろん、美肌にも関わっている栄養素ですから、吸収を阻害するアルコールの過剰摂取は気を付けなければいけなさそうです。

さらに、アルコールにはカロリーもあるので、飲み過ぎたり、お酒と一緒についつい食べ過ぎてしまったりすれば当然カロリーオーバーとなり、体重が増えてしまいます。

 

お酒の飲み過ぎは美容にも健康にもよくありません。適量を楽しむこと、お酒とうまくつきあうことが大切です。

適量を知っておくことも大切ですし、お酒を飲むときに摂りたい栄養素などを知っておくとよいでしょう。

 

美容と健康に役立つ栄養素が摂れるおつまみ

お酒を飲むとアルコールによりビタミンやミネラルが失われやすく、中でもビタミンB群やビタミンCを一緒に摂るとよいと言われます。

肝臓のアルコール代謝を高める働きをするタンパク質もしっかり摂りましょう。

これらの栄養素は美容にも深く関わっている栄養素たちです。

定番のおつまみの中から、これらの栄養素を含み、美容と健康によいおすすめのおつまみをピックアップしてみました。

どこの居酒屋でもあるメニューばかりですし、家でお酒を楽しむときにもすぐに用意できる料理ばかりですよ。

 

枝豆

野菜と大豆の両方のいいところを持っている枝豆はヘルシーでありながらタンパク質、ビタミンB群、ビタミンCを摂ることができます。

他に抗酸化作用をもつβカロテンやビタミンEも含まれており、美容と健康に役立つ優秀なおつまみです。

 

冷奴など大豆食品

冷奴は肉などのおつまみに比べて低脂質でカロリーは低く、それでいて大豆の良質なタンパク質や抗酸化物質でもあるイソフラボンを摂ることができます。

納豆や湯葉の刺身もヘルシーでいいですね。納豆なら食物繊維やビタミンB2も豊富です。

油揚げや厚揚げなど、油で揚げたものはカロリーが増えるので食べ過ぎには気を付けましょう。

 

チーズ

ビタミンB2が多く、ニキビや肌荒れ防止にも役立つチーズですが、タンパク質も多く、おつまみでも定番です。

お酒を飲む前に摂れば胃壁を保護してアルコールの吸収を穏やかにしてくれます。

アルコールの刺激で胃壁が荒れるのを和らげる効果も得られますよ。

 

冷やしトマト

生のトマトは熱に弱いビタミンCを無駄なくとることができます。

お酒を飲むときにも摂りたいビタミンCですが、美肌を目指す方にも欠かせない栄養素です。

色々なレシピがありますが、ごま油やオリーブオイルを加えれば脂溶性のリコピンの吸収が高まります。

ビタミンCもリコピンもともに抗酸化作用があり、美白やアンチエイジングによいでしょう。

 

刺身、焼き魚

魚でもフライや天ぷらなどは脂質が多く、ニキビの原因になったり、カロリーオーバーになったりと少し注意が必要ですが、刺身やシンプルな焼き魚ならヘルシーです。

魚の良質なタンパク質やビタミンB群など、お酒のおつまみとしても美容のためにも役立つ栄養素が豊富です。

青魚にはEPAやDHAといった現代人が不足しがちなオメガ3系脂肪酸も多く、動脈硬化予防など健康にも重要ですが、乾燥肌とも関係があると言われ、美肌にもよいでしょう。

 

卵料理

だし巻き卵(卵焼き)やオムレツなどの卵料理もおつまみメニューの定番です。

卵はビタミンB2が多く、肌をつくるアミノ酸がバランスよく含まれていると言われる栄養価の高い食材です。

ビタミンCと食物繊維が含まれていないので、これらが摂れるような食材を組み合わせると、お酒のおつまみとしても美容のためにもより役立つ1品になるでしょう。

 

どうせ飲むなら美肌にいいお酒を!

お酒の中には美肌に役立つ成分を含むものもあります。

どうせ飲むなら美肌に役立てたい!という方は参考にしてみて下さいね。

 

ワイン

ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、活性酸素を除去したり働きを抑えたりすることで、病気の予防やシミの予防や美白、アンチエイジングなど美容にも役立ちます。

赤ワインのほうがポリフェノールの量は多いですが、白ワインにも含まれています。

白ワインのポリフェノールは赤ワインのポリフェノールに比べて分子量が小さく、胃や腸内で吸収されやすいので、抗酸化作用が早く現れるそうです。

 

日本酒

日本酒を使った化粧品も多くありますが、日本酒にはアミノ酸が多く、アルギニンやグルタミン酸には保湿効果があると言われます。

熱燗にすれば物理的に体が温まり、冷えの改善にもよいでしょう。

 

果物を使ったカクテルなど

果物を使うことでビタミンやミネラル、食物繊維なども摂ることができます。

オレンジジュースやトマトジュースなどからもこれらの栄養素が摂れます。

ビタミンCやカロテンなどの抗酸化物質が摂れるお酒なら、美容と健康にも役立てられるでしょう。

ワインを使ったカクテルなら、ワインのポリフェノールも一緒に摂れますね。

 

まとめ

おいしいお酒とおつまみはたくさんありますが、飲み方や食べ方を工夫すれば美容と健康にも役立てることができます。

適量のお酒を楽しみながら、一緒に美肌も手に入れて下さいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-管理栄養士さんの美肌講座

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2018 All Rights Reserved.