ハリ&ツヤUPレシピ 抗酸化レシピ 美肌レシピ

オイルサーディンとほうれん草のパスタ

更新日:

オイルサーディンとほうれん草のパスタ

 

オイルサーディン(いわしの油漬け)には、美肌には欠かせないタンパク質とオメガ3脂肪酸のDHAとEPAが多く含まれています。

ほうれん草には、抗酸化ビタミンのビタミンCが豊富!しかも、冬の時期のほうれん草の方がビタミンCの量が多いんです。

そんな美肌食材を組み合わせた「オイルサーディンとほうれん草のパスタ」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • スパゲティ 150g
  • オイルサーディン 小6尾(60g)
  • ほうれん草 1/2袋(100g)
  • にんにく 1片
  • 鷹の爪 1本
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 適量

 

手順

  1. ほうれん草は1分半程茹でて冷水で冷まし、水気を絞って4cmに切る。にんにくは薄切りにし、鷹の爪は半分に折って種を出す。
  2. お湯を沸かしてスパゲティを茹で始める。
  3. フライパンにオリーブオイルとにんにく、鷹の爪を入れて弱火で加熱する。香りがしてきたらオイルサーディンとほうれん草を加えて炒め、茹で上がったスパゲティとゆで汁少々を入れて炒める。塩で味を調えて完成。

 

コメント

魚料理に苦手意識を感じていたり、買い物に行けなかったり、というときにもおすすめしたいのが魚の缶詰です。

オイルサーディン(いわしの油漬け)を使えばいつでも手軽に魚料理ができます。

このレシピではほうれん草と組み合わせてパスタにして、タンパク質やビタミン、ミネラルなども摂れます。どれも健康はもちろん、美肌にも役立つ栄養素です。

冬採りのほうれん草は夏採りのものよりもビタミンCが多く含まれています。

旬のものは手に入りやすいだけでなく、栄養価も高くおいしいので、季節の食材を組み合わせてアレンジしてもよいでしょう。

他に、オイルサーディンからもイワシの脂に多いオメガ3脂肪酸(DHAとEPA)を摂ることができます。

オメガ3脂肪酸は不足すると乾燥肌の原因になりうると言われ、特に現代では魚離れなどから不足している人も多いようです。

乾燥肌の対策にはビタミンAやEなどの栄養素も重要ですが、魚に含まれる脂肪酸にも注目してみるとよいでしょう。

無理なく、自分のライフスタイルに合わせて缶詰も活用してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2018 All Rights Reserved.