管理栄養士さんの美肌講座

夏の肌トラブルには夏の食材がおすすめ!しっかり食べて内側からケアしよう

投稿日:

夏の肌トラブルには夏の食材がおすすめ!しっかり食べて内側からケア

 

季節はすっかり夏になり、暑い日が続いていますね。

海や山に出かけたり、旅行を楽しんだり、はたまた涼しい室内でのんびり過ごす日もあることでしょう。

楽しいことがたくさんの夏ですが、肌のトラブルにも注意が必要な季節です。

どんなトラブルがあるのか、また、毎日の食事で気を付けられることなどを知っておきましょう!

 

夏はこんな肌トラブルに注意!

夏に注意が必要な肌トラブルには、以下のようなものがあります。

 

日焼け、シミ、シワ

夏は紫外線が強い季節です。地上に届く紫外線のうち、A波は皮膚を徐々に黒く変えて日焼けを起こし、B波は赤く腫れ上がるような日焼けを引き起こします。

また、紫外線は日焼けそのものだけでなく、活性酸素を発生させてシミやシワなどのトラブルを引き起こす原因となります。

 

乾燥肌

日本の夏は湿度が高く、乾燥肌とは関係ないと思われがちですが、実は乾燥肌にも注意が必要です。

冷房による乾燥や、夏の強い紫外線を繰り返し浴びて角層が厚くなって肌の乾燥につながることがあります。

また、汗をかきやすかったり、ベタつきが気になったりして顔を洗いすぎることでも、肌の乾燥を引き起こすことがあります。

 

脂性肌

夏は暑さから汗と一緒に皮脂の分泌が多くなります。

また、油である皮脂は、気温の寒い冬に比べて、気温の高い夏はやわらかくなり、肌表面に流れ出やすくなります。

そのため、夏になると脂性肌になる方が多いそうです。

過剰に分泌された皮脂によって毛穴の詰まりやニキビを引き起こすなど、新たなトラブルを引き起こしてしまう場合があります。

 

夏バテと栄養不足による肌荒れ

肌荒れには色々な症状があり、原因も様々で、上記に挙げた原因や症状もありますが、夏バテによる肌荒れも気を付けたいものです。

暑い夏は食欲が落ちて食事量が減ったり、冷たいものばかり食べたりすると、栄養バランスの乱れや、栄養不足になってしまうこともあります。

必要な栄養素が摂れないと、肌にも悪影響が出てしまいます。

 

食事でできる対策は?

それでは、夏に起こりやすい肌トラブルを予防・改善するために、食事でも気を付けられることがあるのでご紹介します。

 

ビタミンACE

ビタミンA(βカロテンなど)、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化ビタミンと言われ、紫外線やストレスによって生じる活性酸素を除去したり、働きを抑えたりする働きがあり、シミやシワ、老化を防ぐために役立ちます。

また、ビタミンAは肌に潤いを与え、ビタミンEは血行をよくするなど、乾燥肌の悩みにも効果的です。

ビタミンCはコラーゲン合成にも欠かせない栄養素です。紫外線はコラーゲン繊維を硬く変質させたり、コラーゲンを分解する酵素を活性化させたりすることで、シワをつくりやすい状態にします。

コラーゲン合成をサポートするビタミンCをしっかり摂ることはシワの対策にも役立ちます。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は栄養素の代謝に関わっているものが多く、肌のターンオーバーにも欠かせません。肌荒れ防止に重要です。

また、ビタミンB2やB6は皮脂の分泌を調節する働きがあり、しっかり摂ることで脂性肌の改善に役立ちます。

他にも、ビタミンB1は糖質を、B2は脂質をエネルギーに変えるのにそれぞれ重要です。

糖質と脂質の摂り過ぎは皮脂分泌を過剰にします。これらの摂り過ぎに注意するとともに、代謝をサポートするビタミンもしっかり摂りましょう。

 

規則正しく、バランスのよい食事

季節に関係なく大切なことですが、一日3回の食事を規則正しく、バランスよく食べることが健康にも美容にも役立ちます。

暑い夏は食欲も落ちたり、調理も面倒だったりするかもしれませんが、偏った食事にならないよう、主食、主菜、副菜を意識しましょう。

ごはんやパン、麺などのエネルギー源と、良質なタンパク質を含む肉や魚、卵、大豆製品など、ビタミン、ミネラルが摂れる野菜や果物、乳製品など、いろいろな食材を取り入れると、栄養のバランスも整いやすくなります。

適度な運動や十分な睡眠も、生活のリズムを保つために役立ちます。

 

夏の美肌にオススメしたい旬の食べ物

旬の食材はおいしくて栄養価も高く、その季節の体調を整えるために役立つことが多いです。健やかな肌のためにも栄養価の高い旬の食材はおすすめです。

その中でも、今回は夏の美肌のためにオススメしたい旬の食べ物をご紹介します。

 

モロヘイヤ

野菜の王様と言われるほど栄養価が高いことで有名です。

βカロテン、ビタミンC、ビタミンEがとても豊富で、皮脂の分泌量をコントロールするビタミンB2なども多く含んでいます。

UVケアや、乾燥肌、脂性肌、ニキビなど、夏の肌のいろいろな悩みに役立ってくれるでしょう。

 

かぼちゃ

秋冬にかぼちゃを食べるイベントがありますが、収穫の時期は夏です。

西洋かぼちゃはβカロテン、ビタミンE、ビタミンCが豊富です。

シミやシワ、乾燥肌などにおすすめです。

 

トマト

赤い色素のリコピンには強い抗酸化作用があります。同じく抗酸化作用を持ち、コラーゲン合成に欠かせないビタミンCも摂れます。

紫外線によるシミやシワ、肌のハリなどのお悩みによいでしょう。

大きなトマトでもいいですが、ミニトマトのほうが小さい中にぎゅっと栄養がつまっています。

 

パプリカ

抗酸化作用のあるビタミンACEがとても豊富な野菜です。

カラフルな見た目も魅力的ですが、中でも赤いパプリカは特に栄養価が高く、ビタミンCはあらゆる食品の中でもトップクラスの含有量です。

紫外線や乾燥、肌のハリが気になる方に特におすすめです。

 

イワシ

脂ののったイワシはEPAやDHAなどのオメガ3系脂肪酸が多く含まれています。これらは体内で合成できないため食事から摂取する必要がある必須脂肪酸です。

この必須脂肪酸の摂取バランスが崩れてオメガ3系脂肪酸が少なくなり、オメガ6系脂肪酸が多くなると、乾燥肌になりやすくなると言われます。

乾燥にお悩みの方、お試ししてみてはいかがでしょうか。

ビタミンB2も摂れるので、皮脂やニキビが気になる方にもいいでしょう。

 

カツオ

年に二回旬を迎えるカツオは4、5月と8、9月を中心に、春から秋まで多く出回っています。

良質なタンパク質や皮脂の分泌を調節するビタミンB6が豊富に含まれています。

脂性肌が気になる方におすすめです。

 

まとめ

夏は紫外線が強かったり、冷房による乾燥や室内外の温度差による影響を受けたり、肌トラブルを引き起こしやすい季節でもあります。

日焼け止めや保湿化粧水などでの対策も重要になりますが、毎日の食事にも目を向けてみましょう。夏のおいしい食材が美肌にも役立ってくれます。

夏バテしてしまわないように、食生活を含めた生活習慣にも気を付けて、この夏もきれいな肌で元気に過ごしてくださいね!

 

日焼け後の繊細なお肌にやさしい美白ケア

夏の肌トラブルでお肌が敏感肌ぎみになっていませんか?

敏感肌はシミができやすくて、美白が効きにくくて、シミが目立ちやすい!ってご存知でしたか?

ということは、ここでしっかりケアをしておかないと後々大変です。

そんな方におすすめのスキンケアコスメが『ディセンシア・サエル』。

夏の肌トラブルで敏感になった肌に優しく&しっかりケアしてくれます。

>>【通販限定】ディセンシア・サエル トライルセットのお申込みはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-管理栄養士さんの美肌講座

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.