ハリ&ツヤUPレシピ 抗糖化レシピ 美肌レシピ 腸内環境を整えるレシピ

生芋こんにゃくと牛肉の甘辛煮

更新日:

生芋こんにゃくと牛肉の甘辛煮

グルコシルセラミドが摂れる生芋こんにゃくと、良質なタンパク質と亜鉛を含む牛肉で作る、生芋こんにゃくと牛肉の甘辛煮のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • 生芋こんにゃく 200g
  • 牛こま切れ肉 75g
  • 生姜 3㎝角(10g)
  • サラダ油 大さじ1/2
  • 水 大さじ2(30ml)
  • 酒 大さじ1(15ml)
  • 濃口醤油 小さじ2(12g)
  • 砂糖 小さじ2(6g)
  • いりごま 少々

 

作り方

  1. 生芋こんにゃくは茹でてアク抜きをして、スプーンで一口大にちぎる。生姜は千切りにする。
  2. 鍋を熱して油をひき、牛肉を炒める。色が変わってきたら、こんにゃく、生姜、水、酒、醤油、砂糖を加えて煮る。途中で混ぜて全体に味が染みるように弱火で7~8分煮る。
  3. 味がしみて煮汁が煮詰まってきたら火をとめてお皿に盛り、ごまを散らして完成。

 

このお料理の美肌ポイント

牛肉のうま味と醤油と砂糖の甘辛味が染みた生芋こんにゃくがおいしく、ごはんのおともにぴったりのおかずです。常備菜として作り置きしておいても便利です。

生芋こんにゃくに含まれるグルコシルセラミドを摂ると肌の合成に関わる酵素が増加し、肌のハリなどと関係のあるセラミドの産生が高まり、肌の水分量の増加も確認できたという報告があります。

グルコシルセラミドは脂溶性で、油と一緒に摂取すると吸収されやすくなるので、炒め料理もよいでしょう。

牛肉には良質なタンパク質が含まれている他、美容に欠かせない亜鉛が豊富に含まれています。タンパク質は肌や髪、爪など、私たちの身体を作る大事な栄養素です。

なるべく赤身の部分を選ぶようにすると、脂質やカロリーを控えることができて、タンパク質や亜鉛等もしっかり摂ることができます。

亜鉛は新陳代謝に関わっていて、不足すると肌荒れなどの原因にもなります。無理なダイエット等で栄養バランスが偏ると不足してしまうことがあるので、気をつけましょう。

仕上げのいりごまは見た目、味のアクセントになるだけでなく、ビタミンEやセサミンといった抗酸化物質を摂ることができます。ほんの少しですが、最後のひと手間もぜひ加えて下さいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗糖化レシピ, 美肌レシピ, 腸内環境を整えるレシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.