ハリ&ツヤUPレシピ 抗酸化レシピ 美肌レシピ

みつばとゆで鶏のわさびマヨ和え

更新日:

みつばとゆで鶏のわさびマヨ和え

 

抗酸化物質のカロテンが豊富なみつばと、お肌の材料になる良質なタンパク質の鶏肉を使った、みつばとゆで鶏のわさびマヨ和えのレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • みつば 1袋(正味50g)
  • 鶏肉(皮をはいだ胸肉かささみ) 75g
  • マヨネーズ 大さじ1/2(6g)
  • 薄口醤油 小さじ1/3(2g)
  • わさび お好みで1~2g

 

手順

  1. お湯を沸かして酒少々(分量外)を加えて鶏肉を茹でて、手で小さく裂く。においが気になる場合は、茹でる時に生姜の薄切り、長ねぎの青い部分も加えるとよい。
  2. 別の鍋にお湯をわかして、みつばを20~30秒ほど茹でて冷水にとり、水気を絞って2cm程度に切る。
  3. マヨネーズ、醤油、わさびを混ぜて1と2を和えて完成。

 

このお料理の美肌ポイント

スーパーなどで一年中見かける糸みつばはハウスで水耕栽培されているものですが、山などに自生している天然もののみつばの旬は春です。

みつばは日本原産の香味野菜で特有のすがすがしい香りがあり、和食に欠かせません。汁物の吸い口として使うことが多いみつばですが、カロテンが豊富に含まれている緑黄色野菜です。

カロテンは体内でビタミンAとなって、皮膚や粘膜を保護して肌を強くする働きがあります。また、カロテンは抗酸化物質でもあり、シミやシワをつくるもとになる活性酸素を除去したり、老化を防いでくれたりするため、美肌やアンチエイジングにも欠かせないものです。

今回はそんなみつばをたっぷりと食べられる和え物のレシピをご紹介します。

わさびの辛みも加えて少し大人の味わいで、おいしく、肌の材料となる良質なタンパク質の鶏肉も一緒にいただきましょう。皮をはいだ胸肉やささみであれば低脂質・高タンパク質でカロリーが気になる方にも安心です。

また、マヨネーズで和えることで料理にコクやうまみ、まろやかさを加えてくれますが、栄養の面では脂溶性物質であるカロテンの吸収率を上げてくれるというメリットがあります。少量の油を味方につけて、美肌に役立てましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.