ハリ&ツヤUPレシピ 抗酸化レシピ 美肌レシピ

カツオの手こね寿司

投稿日:

カツオの手こね寿司

 

カツオ(鰹)が美味しい時期ですね~!カツオはお肌の美しさにとって強い味方になってくれる食材です。

春と秋に旬があり、良質なタンパク質やビタミンB群を豊富に含んでいるカツオ(鰹)と、カロテンやビタミンCを含む青じそや小ねぎ、貝割れ大根といった薬味を組み合わせた「カツオの手こね寿司」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

<酢飯>

  • ごはん 茶碗2杯(250g)
  • 酢 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 小さじ1(3g)
  • 塩 小さじ1/6(1g)

<カツオ用>

  • カツオ刺身用 1/2柵(120g)
  • 濃口醤油 小さじ2(12g)
  • おろししょうが 2g
  • <薬味>
  • しょうが 3g
  • 小ねぎ 4本(8g)
  • 青じそ 2枚(2g)
  • 貝割れ大根 1/5パック(10g)
  • いりごま 小さじ1/5(5g)

 

手順

  1. 酢飯を作る。酢、砂糖、塩を混ぜて、炊き立ての熱いごはんに混ぜて冷ます。
  2. カツオは1cm幅に切り、醤油とおろししょうがをあわせてもみ、味をなじませる。
  3. 薬味を用意する。しょうがはせん切り、小ねぎは小口切り、青じそは千切り、貝割れ大根は根元を切り落とす。
  4. 1のごはんをお皿に盛り、その上に2のカツオと3の薬味をのせて完成。

 

このお料理の美肌ポイント

手こね寿司はちらし寿司の一種で全国各地でみられますが、三重県志摩地方のものが有名です。

カツオやマグロなどの赤身の魚を醤油ベースのタレに漬け込み、青じそやしょうが、海苔などをのせて作ります。

今回使用したカツオは良質なタンパク質やビタミンB群を豊富に含んでいて、美肌にも効果的な食材です!

特に多いビタミンB6は栄養素の代謝やホルモン調節因子などとして働いており、不足すると皮膚炎を引き起こすなど、健やかな肌のためにも十分に摂りたい栄養素です。

春獲りのカツオは脂質・カロリーが低く、ダイエット中の方にもおすすめです。

秋獲りのカツオは脂質が多くなりますが、オメガ3脂肪酸を摂ることもできます。オメガ3脂肪酸は不足すると乾燥肌の原因にもなりうるもので、現代人は不足しがちと言われていますから、しっかり摂りたいですね。

また、今回の手こね寿司は青じそや小ねぎ、貝割れ大根といった薬味をたっぷりのせたアレンジです。

これらの野菜は、使用量は多くはないものの、カロテンやビタミンCを豊富に含んでいます。

シミや老化の防止や、ハリやうるおいのある肌を保つためにもおすすめです。

春でも秋でもおいしいカツオを使って、手軽においしく美肌対策してみてはいかがでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.