ハリ&ツヤUPレシピ 抗酸化レシピ 美肌レシピ

牡蠣と鱈のパエリア風

更新日:

牡蠣と鱈のパエリア風

 

美肌に欠かせない亜鉛を豊富に含む牡蠣と低脂質で高たんぱくの鱈で作る、牡蠣と鱈のパエリア風のレシピと美肌のポイントをご紹介します。

抗酸化作用のある栄養素を含むパプリカやトマトも入っているので、美肌にいい成分たっぷりの一品です。

見た目も鮮やかで楽しい気分になれますね!

 

材料(2人分)

  • 米 1合(150g)
  • 牡蠣 1パック(120g)
  • 甘塩ダラ 1切れ(80g)
  • ミニトマト 6個(60g)
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • パプリカ 1/4個(30g)
  • にんにく 1かけ(5g)
  • オリーブオイル 大さじ1(12g)
  • 白ワイン 大さじ1(15ml)
  • だし又は水 1と1/2カップ(300㏄)
  • 塩 小さじ1/4(5g)
  • ターメリックパウダー 少々
  • パセリ 少々

 

作り方

  1. 牡蠣は分量外の塩少々をふって揉み、洗う。タラは3~4等分に切る。ミニトマトは縦半分に切る。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。パプリカは5~6ミリ幅に立てに切る。
  2. フライパンを熱して半量のオリーブオイルをひき、牡蠣とタラ加えて炒める。表面が焼けたら、お皿に取り分けておく。
  3. 2のあいたフライパンに残りのオリーブオイルをひき、玉ねぎ、にんにくを炒める。香りがしてきたら、米をそのまま洗わずに加えて炒め、2の牡蠣、タラとミニトマトをのせて白ワインをふって炒め、だし(又は水)と塩、ターメリックパウダーを混ぜて加える。強火で加熱し、沸騰したら3分程煮詰めて、蓋をして弱火にして15分程加熱し、蓋を取って、強火にして水分を飛ばし、刻んだパセリを散らして完成。

 

このお料理の美肌ポイント

パエリアはスペインの米どころのバレンシア地方の料理で、米と魚介、肉、野菜などを炊き上げたものです。

パエリアは通常サフランを使ってご飯を黄色く炊き上げますが、このレシピではターメリックを使って手軽に鮮やかな彩りに仕上げています。具のアレンジは様々ですが、今回は旬の牡蠣と鱈を使ったレシピをご紹介します。

牡蠣は亜鉛がとても多く含まれている食材です。亜鉛は酵素反応の活性化やDNAやタンパク質の合成などの働きがあり、生理機能に重要な役割を果たしています。

そんな亜鉛は美肌のためにも欠かせません。亜鉛が不足して肌の細胞の新陳代謝がうまくいかなくなると、ニキビや肌荒れなどの原因となってしまったり、治りが遅くなったりします。

亜鉛は色々な食品に含まれていますが、無理なダイエットや偏った食生活をしていると不足してしまいますので、そんなときは亜鉛が多く含まれる牡蠣を取り入れてみてはいかがでしょう。

また、鱈は低脂質、高タンパクな魚です。肌をサポートする栄養素を十分に摂るだけでなく、肌の材料となるタンパク質もしっかり摂ることが大切です。

パプリカやミニトマトはその明るい彩りで料理を華やかにしてくれるだけでなく、ビタミンCやE,リコピンなどの美容に役立つ成分を豊富に含んでいます。

彩りよく仕上げたパプリカは、目でも楽しみながら、おいしく美肌対策ができる一皿です。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.