ハリ&ツヤUPレシピ 抗酸化レシピ 美肌レシピ

イカとパプリカのトマト煮

投稿日:

イカとパプリカのトマト煮

 

パプリカのビタミンCやトマトのリコピン、オリーブのビタミンEなど、抗酸化物質がたっぷり摂れるおかず「イカとパプリカのトマト煮」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • スルメイカ 1杯(250g程度のもの)
  • パプリカ(赤・黄) 各1/2個(各50g程度)
  • トマト 1/2缶(200g)
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • オリーブのピクルス 8粒(15g)
  • にんにく 1かけ(5g)
  • オリーブオイル 大さじ1/2(6g)
  • 白ワイン 大さじ2(45ml)
  • ローリエ 1枚
  • 塩 1g
  • イタリアンパセリ 少々

 

手順

  1. イカは内臓、軟骨、足の硬い吸盤を取り除いて、胴と足を洗って水気をふき、皮をむく。胴は1cm幅に切り、足は2本ずつに切り分ける。パプリカはヘタと種を除いて乱切りにする。玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイルをひき、玉ねぎ、にんにくを炒める。香りがしてきたら、パプリカを加えてさっと炒め、トマト缶をつぶし入れて、白ワインとローリエも加えて10程弱火で煮る。
  3. イカとオリーブのピクルスを加えて3分程煮て、塩で味を整える。お皿に盛り、イタリアンパセリを添えて完成。

 

このお料理の美肌ポイント

パプリカのビタミンCやトマトのリコピン、オリーブのビタミンEなど、抗酸化物質がたっぷり摂れるおかずです。

パプリカはビタミンCがトップクラスに多い食材で、しかも加熱してもビタミンCが減りにくいという特長があるので、煮込み料理にしてもいいですね。

トマトのリコピンも熱に強いため、煮込み料理にしてもそれほど減少しないと考えられています。また、リコピンは油に溶ける性質があるため、炒め物など油を組み合わせた料理だと吸収率が上がります。煮込み料理でも、単に煮るだけよりも、油で炒めてから煮るなど、一工夫するとよいでしょう。

ビタミンEも脂溶性で熱に強い性質があります。オリーブのピクルスにも多いですが、パプリカにも多く含まれています。

これら抗酸化物質の働きは老化や美白、シミ対策に役立ちます。他にも、ビタミンCはコラーゲン合成に働いて肌のハリやうるおいを維持したり、ビタミンEは血行をよくする働きで肌の新陳代謝をサポートしたり、抗酸化作用以外にも美肌に嬉しい効果があります。

そして忘れてはいけないのが、肌の材料となるタンパク質です。

今回は低脂質でヘルシーなイカを組み合わせましたが、魚介や鶏肉などもタンパク質が摂れてトマト煮におすすめの食材です。お好みの食材でおいしく美肌作りにお役立て下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ハリ&ツヤUPレシピ, 抗酸化レシピ, 美肌レシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.