美肌にいいアレ調査隊

日焼け止めを上手に使って色白な美肌美人になろう!

投稿日:

そろそろ紫外線が気になる季節になってきましたね。

日焼け止めって、いざ買おうと思ってお店に行っても、たくさん種類があって売り場で迷ってしまってませんか?

日焼け止めの選び方やオススメの日焼け止めをこれから紹介していこうと思います。

 

日焼け止めを選ぶ基準になるSPF・PAって何?

日焼け止めを選ぶ際、SPF〇〇(10~50+の数字)やPA〇〇(+~++++)が基準になると思いますが、理解した上で選んでいますか?

恥ずかしながら私は数値が大きければ大きいほどいいものだと思い、長い間SPF50+・PA++++の日焼け止めを選んできました。

でも実際はそうではなかったのです!!!

まずはそのSPFとPAについて説明していきたいと思います。

 

SPFとは?

SPFとは、紫外線B波を防ぐ力の大きさを表し、日焼けを起こすまでの時間をどれだけ延ばせるかを数値化しています。

紫外線B波は、波長が短く、エネルギーが強い。肌の表面にダメージを与えます。

一般的には日焼けを起こすまで20分かかると言われています。

例えばSPF30の場合・・・

(日焼けを起こすまでの時間)20分×(SPF)30=600(分)

10時間日焼けを食い止めてくれるという意味になります。

普段の生活で使うならSPF10でも充分ですね。

 

PAとは?

PAは、紫外線A波を防ぐ大きさを表し、色素沈着を起こすまでの時間をどれだけ延ばせるかを+~++++で表しています。

 紫外線A波は、波長が長く、エネルギーは比較的弱いが浸透力が強い性質があります。

なので、ガラスや衣服を通り抜け、肌の奥までダメージを与えるほどの力があります。

また、コラーゲン等を作り出す細胞に直接ダメージを与えますので、老化を引き起こす原因にもなります。

 

日焼け止めのタイプ

日焼け止めには主なもので4つの種類があり、それぞれ違った特徴があります。

◇乳液タイプ

  • 伸びがいい
  • 肌になじみやすい

◇クリームタイプ

  • しっとりしている
  • ウォータープルーフのものが多く、落ちにくい

◇ジェルタイプ

  • 白浮きしにくい
  • 伸びがいい
  • 軽い付け心地

◇パウダータイプ

  • サラサラしている
  • メイクの上から塗り直せる

◇スプレータイプ

  • 一気に広範囲に塗ることができる
  • ムラができにくい

と、タイプによって特徴も違ってくるため、自分に合ったタイプを見つけてみましょう。

ちなみに私は乳液タイプが塗りやすく、肌なじみがいいので好きです。

 

日焼け止めを使うにあたって注意する事はある?

<紫外線吸収剤に注意しましょう!>

今は使われていない商品が多いようですが、紫外線を効果的に防いでくれる成分で、熱を吸収し肌を酸化せてしまう作用が。

その為、長時間付けるとシミやシワの原因になる恐れがあります。

紫外線吸収剤を使った製品を使ったら肌に残さないように念入りにクレンジングする事をオススメします。

 

<ケチらずにしっかり塗りましょう>

製品によって塗る量の目安が書かれていますので、それに従って塗りましょう。

少ないとせっかく塗ったのにあまり効果を得られなかった・・・なんてことになりかねません。

 

オススメの日焼け止めは?

♡コスメデコルテ  サンシェルターマルチプロテクション(顔用)

2017年2月16日発売

35g¥3,000    60g¥4,200

SPF50+ PA++++

  • 紫外線だけでなく、大気汚染物質までプロテクト
  • 環境ストレス因子から肌を守る
  • 水系保湿成分が肌に潤いを与えてくれる
  • 今使っている洗顔料等で落とすことができる
  • フレッシュハーバルグリーンフローラルの香り

 

♡アネッサ   エッセンスUVアクアブースター(顔・ボディ用)

2016年2月21日発売

25ml ¥1,500   60ml¥3,000

SPF50+  PA++++

  • 汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースター技術」搭載
  • 「美肌エッセンス」により紫外線ダメージから肌を守ってくれる
  • ウォータープルーフタイプ
  • 石けんで落とせる

 

♡Raios(ライオス)  スプレータイプ(顔・ボディ用)

70g ¥1,728

SPF50+   PA++++

  • 子供も使える優しいUVスプレー
  • 無添加処方、紫外線吸収剤をシルクカプセルコーティング。紫外散乱剤フリー
  • 美容成分配合
  • 紫外線にあたると色が変わる「紫外線チェッカー付きキャップ」
  • ノーフレグランス・フレッシュオレンジ・マミーシャボンの3種類の香り

 

今は、肌に優しく石けん等で簡単に落とせるものが多いですね。

塗る時は、スキンケアの後に塗るのがお化粧する時にも白浮きしにくくなるためオススメです。

日焼け止め効果がある下地を使うのもいいですね。

 

まとめ

日焼け止めの選び方やおすすめをご紹介してきました。

日焼け止めを選ぶ際には、自分がどのくらいの間日焼けを防いで欲しいのか、どのタイプの日焼け止めを求めているのかを考慮して選ぶことがポイントです。

私もSPFやPAの意味を知ってからは、普段使いはSPF10~30、海などに行く際にはSPF50+等、日焼け止め使い分けるようになりました。

みなさんも自分に合った日焼け止めを探して、しっかり色白&美肌美人を目指して下さいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-美肌にいいアレ調査隊

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.