抗糖化レシピ 美肌レシピ 腸内環境を整えるレシピ

枝豆とコーンのポテトサラダ

投稿日:

枝豆とコーンのポテトサラダ

 

枝豆もコーンも夏が旬ですね!

角切りのじゃがいもとシンプルなドレシングを使うことで油を控えめにできるポテトサラダです。

栄養豊富な枝豆、ビタミンB群が豊富なとうもろこし、そして熱に強いビタミンCを含むじゃがいもを使った「枝豆とコーンのポテトサラダ」のレシピと美肌ポイントをご紹介します。

 

材料(2人分)

  • 枝豆 1/2袋(正味50g)
  • とうもろこし 1/2本(正味60g)
  • じゃがいも 1個(150g)
  • 酢 大さじ1(15g)
  • オリーブオイル 大さじ1/2(6g)
  • 砂糖 小さじ1/2(5g)
  • 塩 少々(8g)
  • こしょう 少々

 

手順

  1. 枝豆、とうもろこしはそれぞれ茹でる。枝豆はさやから出し、とうもろこしは包丁で実をそいで適当にほぐす。じゃがいもは1.5cm角に切って茹でて冷ます。
  2. 酢、オリーブオイル、砂糖、塩、こしょうを混ぜて1と和えて完成。

 

このお料理の美肌ポイント

ポテトサラダというと潰してマヨネーズで味付けするタイプが思い浮かびますが、角切りにして茹でてさっぱりしたドレッシングと和えるポテトサラダです。

煮崩れしにくいメークインや、マッシュポテトに向かない新じゃがでもおいしく作れます。色鮮やかな夏野菜と一緒においしく頂けて、油の使用量も控え目に仕上げることができるレシピです。

脂質は摂り過ぎると肌トラブルのもとにもなってしまいます。その一方で、脂溶性ビタミンの吸収をよくする働きなどもあり、必ずしも悪者ではないので適量を取り入れられるようにしましょう。

枝豆は未熟な大豆で、良質なタンパク質とビタミン、ミネラル、食物繊維などが摂れるという、豆と野菜の両方のいいところを持っています。女性ホルモンに似た働きもつイソフラボンも摂ることができます。

とうもろこしは炭水化物が多い野菜ですが、栄養素の代謝に関わるビタミンB群も多く含んでいます。なかでもビタミンB2は肌荒れやニキビを防ぐ働きがあり、健康的な美肌のために役立ってくれます。

じゃがいもに含まれるビタミンCは熱に強いことが知られています。抗酸化物質でもあり、コラーゲン合成に欠かせないビタミンCも、美肌作りに欠かせません。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-抗糖化レシピ, 美肌レシピ, 腸内環境を整えるレシピ

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.