敏感肌化粧品レビュー

つつむ トライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違は?

更新日:

つつむ トライアルセット

 

先日、肌の乾燥がひどくなってしまい、普段使っているスキンケアでは物足りなさを感じるように。

プチ敏感肌なので、いつもは普通肌用のシリーズを使っていますが、こういう時は敏感肌用が一番!

最近気になっている敏感肌専門ブランド、ディセンシアのベーシックライン「つつむ」をトライアルセットで試してみることにしました!

 

『つつむ トライアルセット』の内容

つつむ トライアルセットの内容

 

つつむのトライアルセットは全8品。

  • つつむ ジェントル クレンジング 1.3g×14回分
  • つつむ ジェントル ウォッシュ 10g
  • つつむ ジェントル クリームウォッシュ 1回分
  • つつむ ローションセラム E 14mL
  • つつむ フェイスクリーム 10g
  • つつむ フェイスクリーム S1 1回分
  • つつむ フェイスクリーム R1 1回分
  • つつむ デイ モイスチャーヴェール 1回分

さらに、洗顔ネットもついています。

つつむは敏感肌専門ブランド「ディセンシア」のベーシックケアシリーズ。

肌のバリア機能を強化する「保湿」に注力し、肌荒れを繰り返さない肌=リバウンドしない肌を育てます。

そこにはディセンシアの特許技術も使われていて、なんと97%もの人が肌の変化を感じているそうです。

97%ってすごい高確率ですよね!肌が守られているような感じがするんですって。

トライアルセットの使用にも期待が持てます。

>>私が使ってみたつつむ トライアルセットはこちら

 

つつむ トライアルセットの使用感&レビュー

つつむ ジェントル クレンジング

つつむ ジェントル クレンジング

クリームタイプのクレンジングで、とても滑らかにメイクを落としてくれます。

手の甲にBBクリーム、アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、口紅とつつむ ジェントル クレンジングを乗せた状態

 

手の甲にBBクリーム、アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、口紅を乗せて落としてみました。

 

つつむ ジェントル クレンジングでBBクリーム、アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、口紅を落としている様子

 

優しくなでるだけでしっかり落ちてくれました。

 

つつむ ジェントル クレンジングでBBクリーム、アイブロウ、アイシャドウ、アイライン、口紅を落とした後の手の甲の状態

 

ごしごしこすらなくて済むのは敏感肌にとっては特に嬉しいですね。

 

トライアルのパウチに入っている量が、もうちょっと多いとうれしいかな。

結構、ギリギリで優しいとはいえ、摩擦が不安。1度に2つくらい使いたくなる感じでした。

洗い上がりはしっとりでツッパリ感はなし!でした。

 

つつむ ジェントル ウォッシュ

つつむ ジェントル ウォッシュ

 

固形の洗顔料で、これだけで泡立てるのはなかなか大変でしたが、付属の洗顔ネットを使ったら、すぐにふわふわの泡ができました!

 

つつむ ジェントル ウォッシュを付属のネットで泡立てた状態

 

柔らかい泡に包まれて洗顔した後の肌は、キュキュッとした感じ。

でも、つっぱりはなし!潤いはしっかりキープされていました。

 

つつむ ジェントル クリームウォッシュ

つつむ ジェントル クリームウォッシュ

 

こちらはクリームタイプの洗顔料。

 

つつむ ジェントル クリームウォッシュを手のひらに出した状態

 

つつむ ジェントル クリームウォッシュを手のひらで泡立てた状態

 

滑らかな泡で洗った後はしっとりすべすべ。

私はジェントルウォッシュよりもこちらの方が好みでした。

 

つつむ ローションセラムE

 

つつむ ローションセラムE

 

とろみ系の化粧水・・・というか、もはや化粧水とは呼べないほどのとろみ!と思ったら、それもそのはず。

パッケージをよく見たら、こちらは敏感肌用「化粧液」。化粧水ではありませんでした。

 

つつむ ローションセラムEを手のひらに出した状態。

 

正直に言うと、最初はこれ、苦手でした。

もともととろみ系化粧水が苦手な私。洗顔後すぐの肌にこのとろ~っとした化粧液をつけるのが何とも言えず・・・。

しかも、付けた後、なんだか1枚幕を張ったようなすべすべ感。

でも、続けて使っていくうちに、慣れたのかいい感じに。

このトライアルセットを使ったとき、肌の乾燥がひどかったのですが、しみるとか痛いとかかゆいとか、そういう感じはなく、じわじわと肌の奥に吸収される感じ。

幕が張る感じもはじめだけでした。むしろ、肌がどんどんしっとりやわらかくなって乾燥もだいぶ軽くなりました!

 

つつむ フェイスクリーム(レギュラー、S1、R1)

つつむ フェイスクリーム(レギュラー)

 

まず驚いたのが色。

クリームというから勝手に白いものを想像していましたが、どれも透明感のあるベージュ系。

 

つつむ フェイスクリーム(レギュラー)を手のひらに出した状態。

 

テクスチャもクリームというよりジェルっぽい。

肌に伸ばすとピッタリと張り付く感じでなじみがいいです。

容器に入っているのがレギュラーで、S1とR1は1回分のパウチで入っていました。

こちらがS1です。

つつむ フェイスクリーム(S1)

つつむ フェイスクリーム(S1)を手のひらに出した状態。

 

そして、こちらがR1です。

 

つつむ フェイスクリーム(R1)

つつむ フェイスクリーム(R1)を手のひらに出した状態。

 

さてここで問題が。全部使ってみたのですが・・・。

3つの違いがわからない!公式サイトで各アイテムの説明を読んでもよくわからない・・・。

ということで、ディセンシアのお客様センターに電話で聞いてみました!

 

Q(私):クリーム3種の違いはなんですか?

ディセンシアお客様センターの回答:

保湿力やその他の効果に関しては3つとも変わりありません。同じ量を使えば、同じ保湿力となります。

3つの違いはテクスチャで、レギュラー(トライアルで容器に入っているもの)を標準とすると、S1は軽めのテクスチャ、R1はコクのあるこっくりしたタイプになります。

お肌の状態やお好みに合わせて使ったり、季節によって使い分けている方もいらっしゃいます。

 

とのこと。なんと!機能的には全部同じだなんて・・・。

だからS1とR1 は1回分だけなのかもしれませんね。

テクスチャの確認をするため?でも、1回ではよくわからないし、サイトを見てもそういった説明は見つけられませんでした。

ちなみに、洗顔料についても固形とクリームの違いを聞いてみたのですが、こちらは洗浄力は変わらず、長期間使った場合の保湿力に違いが出るとのこと。

固形はさっぱりでクリームはしっとり、だそうです。確かに、これは洗い上がりに感じられました。

ですが、洗浄力が一緒とまではわかりませんでした。

このあたり、公式サイトに詳しく書いておいてもらえると親切かもしれませんね。

 

つつむ デイ モイスチャーヴェール

つつむ デイ モイスチャーヴェール

 

つつむシリーズで一番好きなアイテムでした!

SPF16 PA++と、UVカット効果はそんなに強くありませんが、日常使いならこれくらいでもOKですし、なにより使用感がいい!

 

つつむ デイ モイスチャーヴェールを手のひらに出した状態。

 

SPFが高いとどうしてもギスギスしたテクスチャになったり、乾燥を感じることが多いですが、これはとってもなめらか。

肌もふっくら柔らかくなりました。

黄色みがかっていて、ティント乳液のようですが、肌のトーン等は変わらずでした。

 

つつむ トライアルセットを14日間使ってみて

つつむ トライアルセット

 

decenciaの「つつむ」シリーズは全体的に刺激がなく優しい使い心地。

肌になじませるためにパッティングしたりこすったりすることなく、シリーズ名どおり手でつつむようにして使うところも敏感肌には嬉しいですね。

トライアルセットを使い終わって以前のスキンケアに戻ったのですが、化粧水も乳液も肌に入らなくてビックリ!

特に乳液はいつまでも肌に残っていて最後はティッシュオフしちゃいました。

以前はそれが普通だと思っていたのですが、つつむの浸透力を経験したら、もう気持ち悪くて(笑)。

そして高い保湿力で私の肌荒れもすっかりよくなりました。

これは乾燥が気になる敏感肌の方にオススメです!

>>つつむ トライアルセットのお申込みはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌化粧品レビュー

Copyright© 敏感肌対策【STBLab】 , 2019 All Rights Reserved.