敏感肌の症状・原因と対策

目の周りがカサカサ!乾燥・赤み・かゆみの原因と対処法

更新日:

目の周りがカサカサ!乾燥・赤み・かゆみがあって困っている女性

人の第一印象を決めるうえで大切な顔のパーツ、どこだと思いますか?

少し前になりますが、そんな調査が行われました。結果は…

1位/目……………… 274人(78.1%)

2位/鼻……………… 20人(5.7%)

3位/口……………… 12人(3.4%)

4位/くちびる………… 10人(2.9%)

4位/眉……………… 10人(2.9%)

その他………あご、頬、涙袋など

(出典:日刊アメーバニュース http://news.ameba.jp/20150731-360/)

 

2位以下に大差をつけて、ダントツ1位になったのが目!顔の中で視線がいきやすいのも目ですよね。

そんな、人の印象を決める大切なパーツである目ですが、とてもデリケートな部分だということはご存知でしょうか。周りと比べて皮膚が薄く、わずかな刺激で乾燥やかゆみが出やすい場所なのです。

また、目の周りの毛細血管は皮膚の浅いところにあるため、少しの刺激で赤みやかゆみが出てしまいます。

私も経験があるのですが、頬など、顔のほかの部分は大丈夫なのに、目の周りだけかさついたりかぶれたり…。ひどくなると化粧水がしみることもありました。

ここでは、私と同じように目の周りの乾燥や赤み、かゆみといったお悩みの原因や正しい対処法を一緒に見ていきましょう。

敏感肌化粧品ランキング

目の周りがカサカサ乾燥している時は
敏感肌化粧品でのスキンケアがおすすめです。

今すぐチェック

 

目の周りの乾燥、赤みやかゆみの原因

目の周りの乾燥や赤み、かゆみには大きく分けて3つの原因があります。

 

1.洗顔・クレンジングが要因の保湿不足

目の周りの症状で一番多い原因がこれ。

アイメイクをしっかり落とそうと洗浄力の強いクレンジングで目元を洗っていませんか?洗浄力が強いということは刺激も強い!ということです。

クレンジングは肌に優しいものを使ってる!でも、それでは落ちが悪いからごしごしこすってメイクオフ。これもNGなんです。

目の周りは、ほかの部分と比べて皮膚の厚さが1/3ほど。非常に薄く、弱い部分です。その薄さは0.02mm。食用ラップが約0.01mmですので、ラップ2枚分ということになります。どれほど薄いか、想像できたでしょうか。

さらに目の周りは皮脂膜が少なく、肌が本来持っているバリア機能も低め。ここに洗顔やクレンジングで強い刺激を加えると、角質層がダメージを受け、バリア機能と保湿機能が失われてしまうのです。

 

2.接触皮膚炎

スキンケアのアイテムや使い方を見直しても治らない、あるいは何か特定のものを付けた時にかゆくなる、そんな時は接触皮膚炎かもしれません。

接触皮膚炎とはいわゆる「かぶれ」です。かゆみや赤み、ひどくなると腫れてしまうこともあるでしょう。

接触皮膚炎には刺激性とアレルギー性の2種類があります。

 

刺激性の接触皮膚炎

刺激性とは、化粧品や金属など目に触れた何かが刺激となって目にトラブルを引き起こすことです。

多いのはアイシャドウやアイライン、マスカラなどのアイメイク用品。最近では、まつ毛パーマやエクステなどの薬液によるかぶれも多くなっています。

顔全体に同じスキンケアを同じように付けているのに目の周りだけがかぶれる、というのもよくあることです。

これは目の周りがデリケートで刺激に弱いため、ほかの部分では耐えられるものが目の周りではトラブルになってしまうのです。

また、接触皮膚炎は、体調や肌の状態によって突然発症することもあります。「同じものを使って今まで大丈夫だったのに急に荒れた」という場合がそれです。

 

アレルギー性の接触皮膚炎

アレルギー性の接触皮膚炎として代表的なものは花粉症です。アレルゲンである花粉が目に付着し、かゆみを引き起こすのです。

特定の物質に対して反応する場合、アレルギー性の接触皮膚炎を疑ってもいいかもしれません。

 

3.アトピー性皮膚炎

目に関わるアトピー性皮膚炎にはいくつかありますが、症状の約半数を占めるのが、アトピー性眼瞼炎(がんけんえん)です。

目の周りがかゆくなったり赤くなったりと、アトピー性皮膚炎の症状が目の周りに生じたものです。

アトピー性皮膚炎は遺伝や生活習慣等、様々な要因により引き起こされます。

以前は子どものころに罹患し、年齢とともに治ることが多かったのですが、最近では大人のアトピーも増えてきています。

これは、環境や生活の変化が要因と思われ、特にハウスダスト等のダニ抗原が注目されています。

 

目の周りの乾燥、赤みやかゆみの対処法

まずは皮膚科に受診&日々の洗顔に気を付けよう

目の周りがかさついたり、かゆくなった場合の対処法は、その原因により異なります。ひどくなる前に皮膚科を受診するようにしましょう。

その上で、自宅でできる対処としては、洗顔やクレンジングによる保湿不足の場合、肌に優しいアイテムで、優しく洗うことです。

肌の皮脂やセラミドを洗い落としてしまうような強いクレンジングはお勧めしません。オイルクレンジングより乳液やクリームの方が刺激が少ないものが多いです。

洗顔は、石鹸をしっかりと泡立て、手でごしごしこすらずに泡で洗うイメージで行いましょう。

また、洗い流すときのお湯の温度にも注意が必要です。熱すぎるお湯もやはり、皮脂やセラミドを洗い流してしまいます。水かぬるま湯(38度程度)で洗うようにしましょう。

 

接触皮膚炎の場合の対処法

接触皮膚炎の場合、まずは原因となる物質に触れないようにすることが一番です。

メイクをしている方は、メイクを控えるようにしてください。荒れた肌はさらに刺激に弱く、メイクかぶれが悪化する恐れがあります。

 

アトピー性皮膚炎の場合の対処法

アトピー性皮膚炎については、何よりも皮膚科を受診するのが先決です。

市販薬の中には、目に入っては危険な薬品も存在します。自己判断で市販薬を使用しないようにしましょう。

 

根本原因のセラミド不足の対処法

保湿不足も接触皮膚炎も、根本の原因は肌の保湿成分であるセラミド不足です。

セラミドはもともと人の肌に存在するものですが、年齢とともに減っていきます。さらに、過剰な洗浄力のクレンジングや摩擦によって流されてしまうのです。

そのため、上記のセラミドを減らさないケアに加えて、セラミドを補い保湿することがポイントです。

保湿には無添加で刺激のある成分が入っていないワセリンがお勧めです。

ですが、バリア機能が弱っている時にワセリンしか使えないのは困る場合もありますよね。

そういう時は、セラミドが配合された敏感肌用のスキンケアがお勧めです。

敏感肌専門のディセンシアは、セラミドの中でも人が持っているセラミドと同じ構造で浸透力の高い「ヒト型ナノセラミド」が配合されており、不足したセラミドをしっかり補います。

さらに、独自に開発したヴァイタサイクルヴェールという技術で、ワセリンより高いバリア効果が期待できるスキンケアが実現しました。

べたべたせず、通常のスキンケアと同じように使いながら目の周りのバリア機能を回復することができるのです。

⇒バリア機能をサポート!ディセンシア アヤナス

 

ディセンシアのスキンケアラインには全てトライアルセットがあるので、実際に使ってみて確認することができます。

当サイトではディセンシアのスキンケアライン「アヤナス」「サエル」「つつむ」の3種類のセット内容や使用感のレビューをご紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

アヤナス・トライアルセット内容
アヤナストライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違いは?

  刺激のある香料や成分が入った化粧品だとかゆみや発疹などが出るようになった敏感肌の私。 今までは敏感肌に使えるシンプルで優しい化粧品を使っていましたが、最近は年齢肌により目元のシワやくすみ ...

サエル トライアルセット
サエル トライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違は?

  女性にとって「美白」は気になる単語の1つ。 シミはもちろん、くすみのない明るい肌がいいと思う人は多いのではないでしょうか。私もその1人。 ですが、大昔、美容関係の人に言われた一言が気にな ...

つつむ トライアルセット
つつむ トライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違は?

  先日、肌の乾燥がひどくなってしまい、普段使っているスキンケアでは物足りなさを感じるように。 プチ敏感肌なので、いつもは普通肌用のシリーズを使っていますが、こういう時は敏感肌用が一番! 最 ...

 

刺激を最小限にして保湿をたっぷり

はじめのアンケートにもあったように、目は人の印象を決める大切な場所。目の周りがカサカサしていたり、乾燥でシワっぽかったりしては、魅力も半減してしまいます。

スキンケアやコスメの見直しや使うときの意識で改善することもありますので、「物も触る時も優しく」を心がけましょう。

それでも症状が起きてしまった場合は、悪化する前に病院を受診するようにしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌の症状・原因と対策

Copyright© 敏感肌対策【STBLab】 , 2018 All Rights Reserved.