敏感肌の症状・原因と対策

口紅やグロスで唇が荒れる・皮がむける原因と対処法

更新日:

口紅やグロスで唇が荒れる・皮がむける症状で困っている女性

つけるのとつけないのとでは顔の印象に大きな差が出る口紅やグロス。

肌の色にあった口紅をつけていると顔の印象が引き締まり、とても魅力的になりますよね。それに様々な色があって選ぶのも楽しいですよね。

ですが、この口紅で唇が荒れることがあります。

私も以前、唇の縁のあたりにプツプツとした水泡ができ、かゆみが生じたことがありました。「疲れてるのかな」と思っていましたが、同じ口紅やリップクリームをつけたときに起こるので、それが原因であることがわかりました。

私のような経験をしている方も多いと思います。そこで、口紅やグロスをつけると唇が荒れるのはなぜか?その原因や対処法をご紹介します。

私が使ってよかったリップクリームもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

口紅やグロスで唇が荒れる原因

口紅で唇が荒れる原因は、主に接触皮膚炎によるものです。

接触皮膚炎とは、いわゆる「かぶれ」といわれるもので、口紅の成分が唇に接触することによってかゆみや湿疹を起こす症状です。

接触皮膚炎には2種類あります。1つは刺激性皮膚炎といい、物質の成分が刺激となり、肌荒れを起こすものです。

口紅には様々な成分が入っており、中には刺激の強いものも含まれます。そういった成分が、唇の荒れを引き起こしている可能性が高いです。

接触皮膚炎のもう1つは、アレルギー性皮膚炎です。ある成分がアレルゲンとなり、かぶれを引き起こします。

刺激性皮膚炎は、比較的多くの方に共通してみられるのに対し、アレルギー性皮膚炎は、人によって反応する成分も時期も異なる、というのが特徴です。

もともと、唇は角質層が薄く、刺激に弱い部分です。それに対して口紅やグロスには強い成分が入っていることがあり、唇が荒れる原因となります。

また、クレンジングの際に口紅やグロスを落としきれず、荒れを引き起こす場合もあります。

 

口紅やグロスで唇が荒れたときの対処法

接触皮膚炎は、原因となる物質に接触しないようにするのが一番の対処法です。

まずは使うと唇が荒れたり皮がむけたりする口紅やグロス、リップクリームなどの使用を控えましょう

私が初めて口紅で唇が荒れたときは、水泡ができ、かゆみもあったため皮膚科を受診し、塗り薬を処方してもらいました。その後、毎回通院できているわけではありませんが、なるべく病院へ行くようにしています。

基本的には、唇が荒れたら皮膚科を受診しましょう。

しかし、病院に行く時間のない方や症状が軽く、「病院に行くほどでは…」と思う方もいると思いますので、自宅でできるケアを2点ご紹介します。

 

リップクリームを医薬品のものにする

唇の荒れにはリップクリームが効果的ですが、それは「第3医薬品」と表記されたもののみとなります。

「薬用」や「医薬部外品」と表記されたリップクリームは、唇が荒れる前に使用するのが一般的で、保湿することによって唇が荒れるのを予防することを目的としています。

唇が荒れたときに使うものは、第3医薬品のものを使用しましょう。

リップクリームの塗り方にもコツがあります。唇に対して横方向に塗る方が多いと思いますが、正しい塗り方は、唇のキメに合わせて縦に塗る方法です。

寒い時期はリップクリームが冷えて固まり、唇との摩擦が生じやすくなります。先端を温めて柔らかくしてから塗ると、少ない刺激で塗ることができるでしょう。

リップクリームによる唇の荒れにも注意が必要です。

私もそうだったのですが、リップクリームを塗って唇が荒れているのに、乾燥等のせいだと勘違いして、自分に合わないリップクリームを塗り続けていたことがありました。

合わないリップクリームを塗る→かぶれる→さらにリップクリームを塗る、といった悪循環にならないよう、改善が見られない場合や症状が悪くなる場合は、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

食事や生活習慣を整える

こちらは内側からのケアになりますが、肌の免疫機能をあげるために必要です。

バランスの崩れた食事やストレス、寝不足等は、ホルモンバランスを崩し、免疫機能を低下させます。免疫機能が低下すると、少しの刺激で唇が荒れるようになります。

食事に関しては、ビタミンB2には粘膜を保護する作用があり、不足すると唇の荒れにつながるといわれています。

レバーやウナギ、納豆、卵などの食材に多く含まれていますので、唇が荒れている時は意識して摂るとよいでしょう。

 

荒れにくい口紅の選び方

せっかく治っても、口紅の選び方を間違えると簡単に再発してしまいます。私も異なるブランドで何度も荒れたことがありました。

そこで、荒れにくい口紅の選び方をご紹介します。

 

低刺激であること

口紅には刺激の強い成分が使われることもありますが、低刺激のものもあります。

具体的には、敏感肌用の商品がおすすめです。

口紅の成分で特に気を付けたいのは着色料のタールです。アレルギー反応などのトラブルが生じやすいため注意しましょう。

 

保湿成分が配合されていること

唇は皮膚が薄く、刺激に弱いことに加えて乾燥しやすい部分でもあります。乾燥していると、バリア機能が低下し、さらに刺激に弱くなっていきます。

そのため、口紅にも保湿成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。

口紅に使われることの多い保湿成分は、ミツロウ、ホホバオイル、スクワラン、コラーゲンなどです。

購入する時は、パッケージや成分表で、これらの成分が入っているか、確認するとよいでしょう。

 

石鹸で落とせること

「落ちない口紅」が人気ですが、クレンジング時の落とし残しや強いクレンジング剤による肌荒れなどが起こる可能性があります。

しっかり落とそうと、ゴシゴシとこすってしまうこともありますが、これは避けたいです。

便利なものではありますが、唇が荒れやすい方はなるべく石鹸で落とせる成分で作られたものを選びましょう。

 

紫外線をカットできること

顔には日焼け止めを塗っていても、唇には塗っていない方も多いのではないでしょうか。

紫外線も肌荒れを起こす要因の1つです。UVカット効果のある口紅を付けることで、紫外線からの肌荒れを防ぎましょう。

ただし、UVカットの成分は人によって合う合わないがあります。

オーガニックのUVカット成分ですと、比較的リスクは低くなりますので、そういったタイプのものを選びましょう。

 

ちなみに、私の口紅とリップクリームの選び方は・・・

私の口紅を選ぶポイントは、国産のもので、大企業のブランドではないことです。

これまでの経験から、外資系ブランドや、国産でもCMに出てくるような大企業の口紅が合わないことが分かっているので、バラエティショップにあるようなブランドのもので、パッケージ等から刺激が少なそうなものを選んでいます。

リップクリームは口コミを見てDHCの薬用リップクリームを使っています。こちらは、ニベア・メンソレータム・ワセリンとメジャーなものがすべてダメだった私でも問題なく使えるため重宝しています。

ただし、これはあくまでも私の場合です。アレルギーの場合、人によって反応が出る成分が異なるため、自分に合った口紅やリップクリームを見つけてくださいね。

 

日頃の保湿と低刺激の口紅で荒れ知らずに

基本的にお肌は保湿がしっかりとされていると、バリア機能が高まり、少しの刺激では肌が荒れなくなります。

それは唇も同様です。日頃からリップクリーム等でケアをしておくと、使える口紅やグロスの種類が増えるかもしれません。

敏感になったり荒れたりしている時に刺激の低い口紅を使いましょう。敏感肌用の口紅は刺激が少ないので、まずは敏感肌用の口紅から試してみるのがおすすめす。

色々試してみて、唇が荒れたり皮がむけたりしない、自分に合うものを見つけましょう

また、低刺激の口紅やグロスだけに頼るのではなく、日頃のケアも意識して刺激に負けない唇になって、メイクを楽しんでくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌の症状・原因と対策

Copyright© 敏感肌対策【STBLab】 , 2018 All Rights Reserved.