敏感肌の症状・原因と対策

花粉症の時期の肌荒れ&敏感肌対策のスキンケア方法

更新日:

花粉症と敏感肌による肌荒れで悩んでいる女性

冬の終わりから春にかけてや秋など、特定の時期に肌が荒れたり、敏感肌になりやすくなってお困りではありませんか?

その症状、花粉が原因かもしれません。そこで、花粉による肌荒れが起こる原因や対策について調べてみました。

「毎年この時期だけ肌が荒れるんだよなぁ…」という方、必見です!

 

花粉症が原因の肌荒れとは

肌荒れの原因が花粉症となる場合、大きく分けて2つの要因があります。

1つは花粉のアレルギーが顔に出るもの(接触皮膚炎)、もう1つは花粉症の方に多い摩擦によるものです。

 

花粉による接触皮膚炎

花粉による接触皮膚炎は「花粉症皮膚炎」とも呼ばれており、花粉が肌に付くことによりアレルギー―反応が生じ、かゆみや赤み、乾燥などのトラブルを生じさせます。

これには、肌の乾燥によるバリア機能の低下も影響を与えています。というのも、本来であれば、肌の角質層がしっかりガードしているため、花粉は肌の内部に入り込むことができません。

しかし、花粉の時期は空気が乾燥しやすくバリア機能も低下しがちです。そこへ花粉が入り込むことにより、アレルギー反応が出てしまうのです。

すると肌は荒れてさらにバリア機能は低下、そして敏感肌になってしまいます。

 

摩擦によるもの

もう1つの要因である摩擦ですが、花粉症の方なら以下のようなことに身に覚えがあるのではないでしょうか。

  • 外出するときは常にマスク
  • 鼻を頻繁にかむ
  • かゆみで目をこする

これらのすべてが摩擦となって肌に負担をかけ、バリア機能を低下させます。

これは、花粉症の二次被害ともいわれています。

 

花粉症による肌荒れへの対処法

花粉症で肌が荒れてしまったら、どのような対策を取ればいいのでしょうか。ポイントは以下の3つです。

 

  • スキンケア&メイク
  • 食事
  • 生活習慣

 

1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.スキンケア&メイク

肌が荒れているときは、肌荒れに効くスキンケアを選びましょう。

しっかりと保湿ができ、肌のバリア機能を高めてくれる化粧品がお勧めです。

セラミドやコラーゲンなどの保湿成分が配合されているものを選び、逆に、肌への刺激となるようなエタノール、硫酸等の成分は避けるようにしましょう。

バリア機能が低下し、敏感肌になっている状態ですので、なるべく低刺激で高保湿の化粧品を選ぶようにしてください。

セラミドが配合されている敏感肌用の化粧品が特におすすめです。

メイクは肌への負担が少ない粉状の物がお勧めです。また、油分が多いと花粉が付きやすくなるため、オイルフリーの物を選ぶといいでしょう。できるだけシンプルなメイクにし、肌をさらっとさせておくことが重要です。

とはいえ、ノーメイクでは肌に直接花粉が触れることになるため、軽いメイクはしておくことをお勧めします。

化粧品に気を使ってもその使い方が間違っていては意味がありません。以下の点に注意して、肌荒れにあった化粧品を正しい使い方でケアするようにしましょう。

スキンケアで注意すること

  • 顔をごしごしとこすらない
  • 帰宅後はなるべく早く化粧を落とす
  • スキンケアは用量を守りしっかりと保湿をする

 

2.食事

肌荒れと食事は関係ないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

栄養バランスが偏るとホルモンのバランスも乱れ、肌荒れを引き起こしやすくなります。

また、花粉症に効果があるといわれている食べ物・飲み物や、逆に花粉症の人は控えた方がいいものもあります。

 

花粉症に効く食べ物・飲み物

・きのこ類:免疫力を向上させるビタミン類が豊富

・根菜:抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれる。血行をよくし、免疫機能を向上させる。

・青魚:アレルギーの改善に役立つDHAが豊富。

・シソ:過剰な免疫機能の働きを抑制し、アレルギー反応を抑える。

・わさび:わさび成分が、花粉のアレルゲンたんぱくを別の物質に変える。

・ヨーグルト:乳酸菌により腸の働きをよくし、免疫機能を向上させる。花粉症の原因となるIgE抗体の活動を抑制するともいわれている。

・甜茶:抗アレルギー作用、抗炎症作用があるといわれている。「甜茶」は甘いお茶の総称で、主に4種類のお茶がある。そのうち、アレルギーに対する効果が高いのは、甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)。

・緑茶:カテキンが含まれており、花粉症の悪化を防ぐ

・ハーブティ:エキナセア、カモミール、エルダーフラワー等、免疫を高める作用を持つハーブがある。ただし、キク科アレルギーの人はカモミールはNGなど、ハーブ自体にアレルギーが生じる場合もあるため、注意が必要。

 

花粉症にNGな食べ物・飲み物

・生のトマト:トマトは、花粉症の改善によいともいわれるが、生のトマトはヒスタミンが多く含まれるため、花粉症を悪化させる恐れがある。

・メロン:ブタクサにアレルギーを持つ人は、メロンだけでなくウリ類の野菜・果物に要注意。

・ファーストフード:トランス脂肪酸を多く含んでおり、免疫機能を低下させる。

・ソーセージ・ハム:過敏性が高くなる刺激物質が含まれており、花粉症を悪化させる恐れがある。

・甘いもの:まったくNGではないが、食べすぎると血行が悪くなり、免疫機能が低下する恐れがある。

 

他にも様々なOK・NG食材があり、すべてを覚えるのは難しいと思います。イメージとしては、昔ながらの和食を思い描いていただくとよいでしょう。

 

3.生活習慣

現代人ならでは…かもしれませんが、様々な生活習慣が花粉症を悪化させることもあります。

 

花粉症悪化の原因になる生活習慣

  • ストレス:ストレスにより自律神経が乱れたり免疫機能が低下することがある。
  • 睡眠不足:ホルモンバランスを崩し、アレルギーを悪化させる。
  • 運動不足:体力の低下により免疫機能が低下する可能性がある。

 

また、外から帰ってくる際は、服の花粉を払い落としてから家に入り、なるべく早く着替えると、花粉の影響を受けにくくなります。

 

花粉症で肌が荒れたときのメイクの注意点

肌が荒れていると、しっかりメイクで隠したくなりますが、濃いメイクは肌に負担がかかります。

また、肌が荒れた状態では化粧ノリが悪かったり、崩れやすくなったりと、隠すつもりのメイクが余計に肌を汚く見せてしまいかねません。

花粉症で肌が荒れている時は、薄くメイクする程度にするとよいでしょう。

バリア機能が低下していますので低刺激の物、花粉が肌に付着しないように油分が控えめの物を使い、ルースパウダーなどを使って肌の表面をさらっと保つようにしてください。

 

肌荒れが悪化した時の対処法

花粉症によって肌が荒れた場合、「原因がわかっているから」と病院に行かずにいる方も多いと思います。

低刺激のスキンケアや、これまで紹介したような対処法で肌が落ち着けば、それでもいいのですが、強いかゆみや赤み、肌が熱くなっている、腫れている、かぶれているなどの症状が出た場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

基本的には皮膚科でよいと思いますが、最近は「アレルギー科」というアレルギーを専門にした病院もあります。

肌のほかにも鼻や目に症状があり、花粉症全体を診てほしいという場合にはそちらの受診も検討してみてください。

 

花粉症による肌荒れを改善!おすすめアイテム

花粉症による肌荒れが起こってしまったときのおすすめアイテムをご紹介します。

 

スキンケア

花粉によるアレルギーで、肌が荒れバリア機能が低下している状態ですので、低刺激のスキンケアがおすすめです。

気を付けたいのは、無添加や植物由来成分が必ずしも低刺激であるとは限らないということ。実際、私は無添加で植物由来の成分でできたスキンケアアイテムで肌荒れを起こしたことがあります。

そこで、敏感肌用のスキンケアラインをおすすめします。

敏感肌専門ブランドであるディセンシアのスキンケアラインは、特許技術である「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、花粉を含め、様々な刺激を肌から守ります。

浸透力の高い「ヒト型セラミド」も含まれており、保湿・バリア機能の向上を効率よくかなえてくれるでしょう。

>>特許技術で花粉を徹底ブロック!ディセンシア アヤナス

 

ディセンシアのスキンケアラインには全てトライアルセットがあるので、実際に使ってみて確認することができます。

当サイトではディセンシアのスキンケアライン「アヤナス」「サエル」「つつむ」の3種類のセット内容や使用感のレビューをご紹介しています。気になる方はぜひご覧ください。

 

アヤナス・トライアルセット内容
アヤナストライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違いは?

  刺激のある香料や成分が入った化粧品だとかゆみや発疹などが出るようになった敏感肌の私。 今までは敏感肌に使えるシンプルで優しい化粧品を使っていましたが、最近は年齢肌により目元のシワやくすみ ...

サエル トライアルセット
サエル トライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違は?

  女性にとって「美白」は気になる単語の1つ。 シミはもちろん、くすみのない明るい肌がいいと思う人は多いのではないでしょうか。私もその1人。 ですが、大昔、美容関係の人に言われた一言が気にな ...

つつむ トライアルセット
つつむ トライアルセットの使用感&レビュー・口コミとの違は?

  先日、肌の乾燥がひどくなってしまい、普段使っているスキンケアでは物足りなさを感じるように。 プチ敏感肌なので、いつもは普通肌用のシリーズを使っていますが、こういう時は敏感肌用が一番! 最 ...

 

マスク

肌荒れの時でも使えるマスクが、「パラメディカルのサージカルマスク メジャーリーガー M-101」。皮膚刺激性ゼロの「ポリセルロース」という素材でできています。

通常のマスクを使わないという方法もあります。「ノーズマスクピット」や「クイックシールド エアマスク」などは、マスクを使わずに花粉をシャットアウトするので、マスクの摩擦による肌荒れが気になる方にお勧めです。

 

スプレー式の花粉ガード

アレルブロックの花粉ガードなど、顔全体にスプレーして花粉をシャットアウトする商品も出てきています。

私は、マスクのし過ぎで肌が荒れたり、耳の後ろが痛くなるので、花粉の時期にこれを使っています。鼻や目にも一定の効果があり、メイクの上からもスプレーできるので重宝しています。

ただし、このスプレーが肌に刺激となってしまう方もいるかもしれません。心配な方は、パッチテストをしてから使うと安心です。

 

「肌荒れ+花粉症」ダブルの対策をしましょう

花粉症による肌荒れは、単純に肌荒れを治せばいいというわけではなく、花粉症に対する対策も必要になります。

肌はスキンケアで保湿をしっかりすることでバリア機能を高めるようにし、食事や生活習慣等できるところから花粉症対策もしていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-敏感肌の症状・原因と対策

Copyright© 敏感肌対策【STBLab】 , 2019 All Rights Reserved.