管理栄養士さんの美肌講座

美白ケアは秋冬も大事!美白に効果のある食べ物と栄養素

投稿日:

美白ケアは秋冬も大事!美白効果のある食べ物と栄養素

 

美白ケアというと紫外線の強い春夏のイメージがありますが、実は美白ケアは一年中、秋冬も続けて行いたいものです。

今回は知っているようで知らない美白のことと、食事(食べ物と栄養素)からの美白ケアについてご紹介します。

 

美白って具体的にどういうこと?

一時期「美白」がブームになったこともありますが、今ではもう美白は定番の美肌ケアといえるでしょう。

美白というと単に肌を白くすることのようですが、美白とはメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐことと言われています。

シミやくすみのない明るい肌はきれいで憧れる方も多いのではないでしょうか。

 

美白の大敵であるシミの種類には老人性色素斑、そばかす、炎症後の色素沈着などの種類があります。シ

ミはメラニンという黒い色素が蓄積することで生まれます。紫外線やストレスなどの肌ダメージが表皮の一番下にあるメラノサイトを刺激し、メラニンを生み出し、有害物質の侵入を阻むためにブロックしています。

このように、本来メラニンは肌を守るためのもので、役割を終えたメラニンはターンオーバーによって肌の外へ排出されていきます。

しかし、ターンオーバーが乱れたり、メラニンが過剰に生み出されたりすると、排出できずにシミとなってしまうのです。

 

美白ケアは秋も冬も一年中必要!

シミを防ぐためには日焼け止めなどで紫外線から肌を守ることが重要ですが、メラニンの生成を抑えたり、生成されたメラニンの排出を助けたりすることも必要です。

そう考えると、美白ケアは紫外線の強い季節だけのものとは言えなさそうですよね。

 

紫外線の強い季節は美白ケアを意識される方も多いようですが、秋冬は美白ケアを中断するという方もいらっしゃるようです。

秋冬は紫外線が弱まりますが、決してなくなるわけではありません。日差しが強くない季節でも紫外線が降り注いでいること忘れないようにしましょう。

 

また、ある化粧品メーカーの調査では、紫外線が減る秋冬でも、肌内のメラニン量は初夏と同じくらいであることがわかっています。

そして秋冬は湿度が下がって乾燥が強まる季節です。乾燥によってシミ悪化因子が増え、シミができやすくなってしまうと言われています。

 

美白の大敵、シミの対策のためには春や夏だけでなく秋冬も、一年中美白ケアを行うことが大切と言えるでしょう。

また、秋冬は肌の乾燥対策もあわせて行うことで、美白にも役立ちそうですね。

 

食事で美白対策!美白に効果のある食べ物と栄養素

紫外線対策や化粧品によるケアなどだけでなく、食生活からの美白ケアもあわせて行いたいものです。

毎日の食事で意識して取り入れたい食べ物と栄養素をご紹介します。

 

メラニン色素の過剰生成を抑える食べ物と栄養素

シミのもとになるメラニン色素の過剰生成を抑えるものに、ビタミンCとアミノ酸のシステインがあります。

ビタミンCには抗酸化作用もありますし、コラーゲン合成にも働き、美白と美肌に欠かせない栄養素です。

 

ビタミンCは野菜や果物に多いですが、中でもパプリカやピーマン、パセリ、柿、キウイ、いちご、水菜、ブロッコリーなどは特に豊富に含まれています。

熱に弱く水溶性なので、生でそのまま食べるようにすると無駄なく摂取できます。

 

システインというアミノ酸は柿や栗、大豆などに含まれています。メラニン色素の生成を抑制するので、シミやソバカスの改善効果が期待されています。

しかし、人体での有効性・安全性についてはまだ信頼できるデータがありませんので、摂り過ぎないためにも食品から摂るようにするとよいでしょう。

 

肌のターンオーバーを整える食べ物と栄養素

ターンオーバーは肌が新しく生まれ変わるサイクルで、新陳代謝とも呼ばれます。

紫外線などの肌の外的な負担からもターンオーバーは乱れやすくなると言われますが、食事も関わっており、美白のためにもターンオーバーを整えることは大切になります。

 

バランスのよい食事が基本になりますが、肌のターンオーバーを整えてメラニンの排出を助ける栄養素も意識して取り入れるとよいでしょう。

具体的には、ビタミンAやB群、Eがあります。

ビタミンAを多く含む食品にはレバーやうなぎなどがあります。また、人参やかぼちゃ、ほうれん草などに多いβカロテンも、体内でビタミンAとなって働きます。

βカロテンなどはプロビタミンAと呼ばれ、必要な分だけビタミンAに変換されるので、摂り過ぎによる過剰症の心配がありません。

 

ビタミンB群は色々な食品に多いですが、レバーや納豆、乳製品、肉や魚、卵黄などに多く含まれています。

 

ビタミンEはナッツやごまなどの種実類やたらこやいくらなどの魚卵や、かぼちゃやモロヘイヤ、赤ピーマンなどの野菜、アボカドやオリーブなどにも多く含まれています。

ビタミンAやEは乾燥肌の対策にも役立ちます。ぜひ、これらの食材を意識してみてくださいね。

 

腸内環境を整える食べ物と栄養素

老廃物を排出するためにも、便秘はよくありません。腸内環境を整えておくことは美白な肌のためにも重要です。

善玉菌を含む食品や食物繊維を多く含む食品を意識して取り入れてみましょう。

善玉菌を含む食品には納豆やヨーグルト、チーズ、ぬか漬け、キムチなどがあります。

 

食物繊維は便のかさを増やして便通を促進したり、善玉菌を増やすために役立ったり、便秘の予防や腸内環境を整えるために大切です。

野菜やきのこ、海藻類、果物、こんにゃく、豆などを積極的に取り入れるとよいでしょう。

いつもの白いご飯を胚芽米や雑穀入りにしたり、白いパンをライ麦パンにしたりするのも手軽にできてよいですね。

 

反対に、脂質やタンパク質の摂り過ぎや偏った食事では腸内環境を悪くしてしまうので注意しましょう。

 

また、食事ではありませんがストレスも腸内バランスを崩す要因です。ストレスともうまくつきあえるように工夫できるといいですね。

 

まとめ

明るく輝くきれいな肌のためには、紫外線が弱まる秋冬も決して油断できません。

化粧品などのUVケアとあわせて毎日の食事や生活習慣、ストレスとの付き合い方なども、日ごろから美白を意識していきたいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-管理栄養士さんの美肌講座

Copyright© 美肌レシピ【ハダレピ】 , 2017 AllRights Reserved.